メンズ脱毛なら医療脱毛で

脱毛には、脱毛サロンやエステサロンで行う光脱毛と医療機関で受ける医療脱毛の二種類があります。どちらも肌に光を当てることによって毛の生える組織に作用して生えにくくするという方法ですが、光の種類が違うために効果も違ってくるものです。

医療脱毛は、医学に基づいた脱毛法で毛の生える組織を破壊する力のあるレーザーの光が使用されます。レーザーの光は黒い色に反応するため、脱毛部位は安全性のために事前に剃っておく必要があります。また、ほくろやシミ、タトゥーやあざなど色素が沈着したりと黒くなっている部分は光が反応して痛みが発生する可能性が非常に高いためにその部位は避けて行われます。

医師のいる場で行われる医療脱毛では、万が一痛みが発生してしまった時にも麻酔を処置することができるのが特徴的です。注射での麻酔では注射針を刺す痛みがさらに発生しますが、塗るタイプの麻酔なので安心です。

あらかじめ痛みが想定されるような部位には施術前に処置してもらうこともできますが、麻酔代は別料金になっていることが多いものです。医療脱毛は全身にも利用することができ、メンズ脱毛としても人気があります。とくに、ひげ脱毛では太くて濃いひげは脱毛が長期化する可能性も高く、メンズ脱毛サロンよりも効果的なレーザーの光での施術なら短期間で終了させることができます。